I × eye
Img_f3b1702c0bff3fff4be405dd3d576967
【大好物の山 その名も「いちごやま」】
Img_f638aee6f2d2a2a8724deabf9e4ab292
【見ごろはいつくらいかな】
Img_ea45cf735915775cf9c349284e4f6ff7
【このお茶の名は「五味子(おみじゃ)茶」】
2018.3.25


どう考えても億劫だろうに遠出する気力はどこからくるのだろうか。
ちょっとそこまでが億劫なのに。

*

お目当てのそれを食べるためだけに早起きして電車に揺られてきた。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはいえ、朝晩の冷え込みはまだ厳しい時。
日向を横目に、日陰で寒さに耐えること数時間でありつけた大好物。

頭の中も心の中も空っぽにして、自分の中のちょっと子供じみた喜怒哀楽を出してみたくなる。
そんな気持ちがきっとこの日の行動に重なって行動できたのかもしれない。

…なんて、そんな難しく遠回しに考えなくても、そんな風に考えて書きたくなるから困ったもの。
この数行にどれだけ時間かかってるって話。


そろそろ寝るとしますか。
夢を見るなら春の色に包まれたい、なんて。

おやすみなさいまし。