I × eye
Img_579f5c61ccb492ca64eaefa85c6ccbe0
末候『雷乃声を発す』


少し付き合ってと、何も言わずに自転車を走らせた。
少し戸惑いながら、何か言いながら後をついてきた。

夜桜を見たくて。
自転車を降りて、桜並木を一緒に歩いた。

何でもない時間。
君との思い出が、ひとつずつ増えていく。


切なくなってしまう理由が、ひとつずつ増えていく。

*

春の訪れ。

雨に始まる四月。
Img_353b301faca05f357d525399a4f03035
Img_d554690464ede4234ea2e1c4036096dd
Img_117c64830506e1bb265f60f2bb189725
万物発して清浄明潔なれば 此芽は何の草としれる也

*

初候『玄鳥至る』


初心忘るべからず。
一度その先を味わってしまうと
初心に立ち戻るのはなかなかに困難…と決めつけるあたりが素直じゃない。苦笑

さておき。
思わぬ晴れ間とか、雨が上がったりとか
そんなこんなで、今年は桜をなかなかに堪能したかと。

地元の桜並木。
近所の桜並木。
そして今日は久しぶりの仲間達と、少しばかりの遠出で桜並木を楽しんだ。




写真を始めた頃に撮っていたカメラを引っ張り出してきた。
手に懐かしい感触。
またこのカメラで撮ってみようかな、と。

ここでは素直に初心に戻れそう。笑

さて、寝ますか。
Img_8186b05e104fe991e65646aa18fdcb3e
Img_320c1180c9bf2b5fd5853cfa138052f4
Img_f56039734cad8f4ec02358300a01c1cf
次候『鴻雁北へかえる』


計算が合わない…と思ったらただの勘違い
なんかブカブカ…と思ったら服が伸びてるだけかも
桜も散ったなぁ…と思ったら紫陽花の葉っぱが青々としてた

何気に思ったこと

*

久々に現像に出した写真を見ながら思う
カメラに触れる機会が減ったせいか 感覚がかなり鈍ってる
絞りとシャッター速度が自分の中でうまくかみ合っていない

動かない露出計、、、

始めた頃に使っていたカメラも
露出計が動かなくなって もう直らないと言われて
感覚に頼るしかないと自分なりに鍛えたつもりでいたけれど

継続はなんとか、、、



写真撮ってると楽しい
失敗だらけでも楽しい
楽しいと思う感覚が鈍る前に、、、p(*≧ω≦)/・・・p(。-ω-)/zzz

おやすみなさいまし。

(載せた写真と文章に関連性はございませぬ、、、εεεεεヘ(* - -)ノ ノセタカッタダケ)