I × eye
Img_2b26cee0cd3b04840c8251dfa0bd818a
『つゆが陰気に結ばれて 霜となりて降るゆへ也』

*

霜降。
冬の足音が言葉からも感じとれる。
秋から冬へ。
束の間のこの季節を楽しまないと。


現像したフィルムには紫陽花が写っていた。

夏の暑さを見過ごしながら秋を待っていた。

次に色を添えてたのは秋桜と向日葵だった。




新しいフィルムの最初を彩るのはどんな景色だろうか。